こども二科展表彰式

木の葉が色づき、芸術の秋になりました。
大阪市立美術館で子ども二科展の表彰式がありました。
入選した子どもたちは一人ひとり、賞状を頂きました。   

これを機会にお絵かきがますます好きになると良いですね。
選ばれたお友だちの絵も選ばれなかったお友だちの絵も、子どもの描く絵はどれも魅力的です。

羊の毛でフエルトのカバンづくり

年中クラスのお友だちがふわふわの羊さんの毛を使って素敵なかばんを作りました。

羊毛に石鹸水をかけて、転がしたり、擦ったりすると羊毛が縮んで、丈夫なフエルトになります。子どもたちは、擦ったり、揉んだりして、根気よく取り組みました。
「出来たら、お姉ちゃんにあげる~。」「お菓子をいれる。」など、出来上がりをとても楽しみにしていました。

模様も 羊毛を並べて作りましたよ。

羊毛に石鹸水をかけて、押し固めます。

羊毛の間にプチプチを入れて、包みます。

温かい石鹸水をかけたので、「あったかーい。」と言いながら押し固めました。

上手に羊毛をちぎって並べます。 幼稚園のモコちゃんとメースケの毛だよ。

かばんを棒に巻いて、200までみんなで数えながら、転がしましたよ。

転がし終ったら、手で擦ったり、モミモミして、更に固くしました。
最後はお水でお洗濯をして、絞って、干しました。
洗濯バサミも上手に使いましたよ。

素敵なかばんが出来上がりました。
フエルト作りでは自分の手を使って物が出来る喜びを感じます。
絞ったり、干したりといった日常の活動も子どもたちにとっては出来る喜びがあるようで、「自分でする。」と言って真剣に行っていました。